HOME > 研究所紹介 > メンバー紹介

研究所紹介

メンバー紹介

メンバー紹介

代表 鈴木英樹:理学療法士・介護支援専門員・認知症キャラバンメイト

鈴木英樹

リハビリ屋の視点から、地域で生活されている高齢者の方、障がいを在お持ちの方、それらの方々を支援されている専門職の方々の支援を行うことが自分の使命だと思っております。さらに、それらの方々への支援を通して、さっぽろらしい街づくりのお手つだいが出来たらと思っています。
数年前に行政機関を退職し、現在は主夫業務を担いながらの活動ですが、形にこだわらずに地域から求められる人間になれるよう、日々、関係者の方々と情報交換を行い、ネットワークを構築しているところです。そのネットワークを生かし、人(企業又は組織)×人、人×情報、そして人×製品(社会サービス)の橋渡しが行えるよう考えており、札幌をはじめ、「地域の常備薬」として求められるよう日々活動しております。
生活信条は、
願えば叶う。
目の前にあることを絶対と思わず、常に両側面から物事を考える(右向け左もあり)。
超楽観主義者(常に前むき=ある意味能天気?)。

代表 鈴木眞弓:看護師・保健師・介護支援専門員

鈴木眞弓

保健師などという資格だけではただの石ころと同じ。
「自己研鑽する姿勢」「人間関係を構築する感性」「新たな情報をキャッチするアンテナ」をキーワードとして自分に磨きをかけています。
原石がキラキラ輝く宝石になれるように。
スキー場の急斜面で滑り出しを悩む人であふれる中、真っ先に滑りたいのが私です。
「勇気あるぺんぎん」をめざしています。

このページの先頭へ